Top > 妊娠 > 妊娠中の便秘対策が重要な理由

妊娠中の便秘対策が重要な理由

貧血からママの心臓にダメージが起き、動悸が起きたり、息切れを感じます。

 

場合によっては、めまいやたちくらみも起きるかも知れません。カラダが動かなくて、疲れが激しかったり、げんきのない顔色にもなってしまいます。例え、貧血になったとしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。

でも、貧血を改善しないまま長く時間がたつと、胎児が成長していく上で問題となるかも知れませんし、加えて母親自身の健康面もリスクを負います。

 

 

 

妊娠によって便秘が起きやすくなります。

増加する黄体ホルモンの働きで大腸の働きが鈍ることや、巨大化していく支給が腸に圧力となり、本来の働きが難しくなるために起きるようです。妊娠 便秘 オリゴ糖

 

 

妊娠した喜びの反面の不安などメンタル(日本語で精神的といった意味合いです)な要素も影響します。

活動する時間が減少するのも便秘を招く要因になります。何度ももどすときは、体内水分が枯渇しやすくなります。

 

水をよく飲んでちょうだい。

多く飲むのが難しいなら、ちょこちょこ飲んでちょうだい。グレープフルーツみたいなサッパリした味のドリンクならスッと入ると思います。

身ごもった際は平常より小1時間ぐらい長く睡眠をとりましょう昼寝もよく活用しましょう。妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで気分の悪化を経験する場合が少なくありません。

 

枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、たち上がる以前に少量オナカに入れるならムカムカしなくなります。

 

動いている間も空腹感が強くなるのを避け軽食を合間に摂るようにするといいようです。

 

 

 

さらに揚げ物やナマモノは無理でも冷んやりしたものや酸っぱい食物はかなりいけることが多いです。

 

女性は必ず生理を経験するため、妊婦でなくとも、貧血が高い割合で存在します。妊婦に限ると、貧血との診断が下りる人の割合は30~40%にもなります。

 

妊娠期は胎児が自身のための血を創ろうとして母親から鉄分を吸収しようとします。それで母親の鉄分は結果として奪われていきます。こみたいな症状を鉄欠乏性貧血と称されています。

 

 

 

妊娠の後半で起きやすくなります。何か打ち込めるものがあると、妊娠悪阻のつらさも緩和されます。OLなら、働いているときは症状を緩和出来るはずです。

 

あるいは好きなことに考えたり、友達と気軽に話すと、ひと時だけでも、症状を感じにくくなるかも知れません。

外の空気を吸うだけでも気持ちが変わります。海辺や高台など眺めの良いスポットでくつろいでいると気持ちも晴れます。

便秘によってガス腹になったり、吐き気を感じたり、おならが頻繁に出たりします。

そして悪阻と便秘のダブルパンチで、なお食べられなくなります。

 

もっと言うと、便秘からの痔ということも珍しくないですから、お通じを良くすることが重要です。便秘対策としては、お手洗いを我慢しないことです。決めた時間になったらとりあえずお手洗いに行くようにルーティンをつくりましょう。つわりでくるしい期間は、オナカの赤ちゃんの栄養面はまだ心配ないので、喉の通りがいいものを食べたくなったらそうしましょう。

 

 

 

家庭でも同居者はつわりがある人のいる前では、ニオイにクセのある食事は控えめにする気遣いが大切です。

 

 

 

さらに理解ができない現象ですが、自炊したものより買った食品のほうが食欲が増します。

妊娠

関連エントリー
妊娠中の便秘対策が重要な理由