Top > 育児 > 赤ちゃんのうんちの匂いに注意!

赤ちゃんのうんちの匂いに注意!

元気で体調のよいときの赤ちゃんのうんちはあまり臭くありません。むしろ甘酸っぱいような独特の匂いがすることが多いようです。

 

特に母乳栄養の赤ちゃんはそのような匂いになることが多いようですが、これは母乳に含まれるオリゴ糖が腸内のビフィズス菌を活性化させる働きがあるためです。

 

ビフィズス菌が活発になることで、大腸内では雑菌の繁殖が抑えられて、うんちは強い酸性を示すので酸っぱいような匂いがします。

 

一方で、これがミルク栄養の赤ちゃんの場合には、普通の便臭がすることも多いようです。これは腸内が弱アルカリ性になっているためです。

 

最近では粉ミルクもかなり母乳に近づいていますから、違いをあまり感じられないこともあるでしょう。

 

ところで、心配なのが赤ちゃんのうんちが臭いときです。

 

これは病気のによる場合と、便秘の場合が考えられます。

 

細菌性腸炎のときのうんちは、下痢便でしかも鼻をつまむような悪臭がします。

 

これは腸管内に細菌が感染したために起きる症状で、他には腹痛や嘔吐を伴う場合があります。

 

さらに、膿や粘液、血液などが混じっていることもあります。

 

このような症状が見られるなら、早めに医師の診察を受けて治療をしましょう。

 

うんちが臭いのは、病原菌にょって腸内に腐敗が起きているからで、このようなときはオムツ替えも注意が必要です。

 

病原菌が他の人にうつらないように、手をよく洗うなどの対策が必要です。

 

便秘によってうんちが臭くなるのは、腸内に便がとどまるほど悪玉菌が増殖するためです。

 

悪玉菌は、腸の内容物を腐敗発酵させる作用がありますから、便自体も臭くなり、また出すおならも臭くなります。

 

悪玉菌が増殖すると、腸の働きはさらに悪くなり、便秘が悪化することもあります。腸内環境が悪くなってしまうのです。

 

このような時は、早めに便秘を解消することが大切です。子供の青汁はこれが人気

 

育児

関連エントリー
赤ちゃんのうんちの匂いに注意!